形成外科

  • ホーム
  • 外来案内
  • 入院・手術のご案内
  • 健診・人間ドックのご案内
  • 診療科のご案内
  • 病院紹介

皮膚の外科治療、顔のキズや骨折の治療、やけどの治療、褥瘡(床ずれ)などを治療します。

形成外科からのごあいさつ

当科は、開院当初から、専門科として独立して診療にあたってまいりました。現在、常勤医1名のほかにも、野﨑幹弘(東京女子医科大学名誉教授)、仲沢弘明(日本大学医学部形成外科学主任教授)、菊池雄二(東京女子医科大学形成外科学准教授)が手術の執刀にあたっております。
非常に古い歴史を持つ形成外科ですが、日本で独立した科となったのは戦後であり、どんな治療を行っている分野なのかまだまだ知られていないのが現状です。形成外科とは、先天的あるいは後天的な外表面の異常を手術で改善し、本来ある性状に近づけることを定義としています。
例えば、6本指で生まれた赤ちゃんの指を5本に修正する、顔の骨を骨折し外観が変わってしまったものを整復する、乳がんで失った乳房を再建するなどです。また、外傷や手術による傷を目立たないようきれいにするための技術も習得しています。このように、再建・創傷治癒を専門として、地域の皆様のニーズに沿った治療を提供していきたいと思っております。

ページの先頭へ

形成外科について

レーザーによる青あざ治療

皮膚や皮下の腫瘍を切除します。小さいものは局所麻酔・外来手術で、大きいものは全身麻酔・入院手術で行います。皮膚がんの切除も行っています。

顔面外傷

傷の縫合や傷あとのケアを行います。顔面骨骨折(頬骨骨折、鼻骨骨折など)の手術も行っています。固定するプレートは、数年後に組織になじむ吸収性プレートを使用します。

青あざ

顔の青いあざである太田母斑、蒙古斑がおしり以外にある異所性蒙古斑、鉛筆の芯などを刺して皮膚に色が残った外傷性刺青などのレーザー治療を行っています(保険適応)。全身麻酔での対応も可能です。赤あざ(単純性血管腫、苺状血管腫など)のレーザー治療は行っておりません。

  • イメージ
    太田母斑
  • イメージ
    異所性蒙古斑

瘢痕(きずあと)

帝王切開後などの痛がゆい傷あとやケロイドに対して、ステロイドの局所注射や内服、テープなどの治療を行います。

イメージ

熱傷(やけど)

軟膏による保存的治療で治らない深いやけどは皮膚移植手術を行います。

眼瞼下垂症

加齢により下垂したまぶたを手術して、視野の狭さを改善します。睫毛が目に入り流涙を来す睫毛内反症の手術も行っています。

眼瞼下垂症の詳しい情報はこちらから >

イメージ

褥瘡(床ずれ)

軟膏による治療を行います。ポケット切開や手術による閉鎖術、局所陰圧閉鎖療法も行っています。
軟膏療法のほか、ポケット切開や手術による閉鎖術、局所陰圧閉鎖療法も行っています。

イメージ

先天性外表異常

症状に合った手術を行い、機能と外観の改善を図ります。

イメージ
合趾症

患者様へのメッセージ

キズやキズあとの治療を専門としていますので、縫った後のキズの処置や抜糸など、また顔のキズあとが残らないか心配な場合など、お気軽にご相談ください。キズを作ってしまうと全く元の通りには戻りませんが、できるだけ目立たないようにするような治療をしていきたいと思います。
外来では、縫合していても、していなくてもキズをよく洗うように説明しています。説明すると皆さん、「洗って大丈夫なのか?」「洗ったらバイ菌が付かないのか?」と驚かれる場合が多いです。キズも垢をつくり、バイ菌のエサになります。バイ菌が繁殖すれば感染したキズになり、治りが悪くなります。そうならない為に、キズはきれいによく洗い、清潔にしてあげると肉や皮膚を作る環境が出来て良く治ります。
外来での処置だけではよくなりませんので、ご家庭でもこのような処置をお願いしていますのでご協力いただけると幸いです。

医師紹介

山本 改
氏名 山本 改
やまもと あらた
役職 形成外科 医長
専門  
資格  

ページの先頭へ