循環器内科

  • ホーム
  • 外来案内
  • 入院・手術のご案内
  • 健診・人間ドックのご案内
  • 診療科のご案内
  • 病院紹介

循環器内科

胸痛、動悸などを自覚されたら、一度、心臓を精査される事をお勧めします

循環器内科からのごあいさつ

平成12年より当院に赴任、主に心筋梗塞、狭心症の診療にあたってまいりました。当時はまだ実施率の低かった手首からのカテーテル検査の導入や、心臓超音波検査を駆使して心機能評価を行い、常に治療方針の再吟味を行い、変化する病態に即した治療を心がけております。

循環器内科 部長 中山 豪

ページの先頭へ

循環器内科について

ライフスタイルの欧米化に伴い、心筋梗塞、狭心症、心不全、脳卒中などの心臓や脳の血管の動脈硬化が増加し、かつ徐々に若年化しています。従って、我々はこれらの背景疾患である高血圧、糖尿病、脂質異常症や喫煙習慣を管理、治療する事が非常に重要であると認識し、日々患者さんと接しています。特に、心エコー検査、運動負荷心電図試験、長時間心電図検査、心臓カテーテル検査、血管脈波検査などを行い、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、不整脈などの早期診断、治療を行っています。また、動脈硬化を有さない冠血管痙攣性狭心症にも着目、他院で診断に至らず迷宮入りしかけた「胸痛症候群」を、アセチルコリン負荷試験を用いた冠動脈造影検査にて確定診断し、治療法の糸口を導き出しています。最近では、ペースメーカ植え込み術や心臓外科手術後の患者さんの術後外来の在り方にも配慮、前医の治療方針の妥当性を再吟味し、改善あるいは劣化する心臓機能を把握する事で治療に反映させております。

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

ページの先頭へ

患者様へのメッセージ

最近、『心臓病』の救急搬送も高齢化が進んでおり、入院後心臓病が回復しても、長期臥床を余儀なくされる方もいらっしゃいます。しかし、心配には及びません。当院は、専門学会の医師教育のための施設基準もクリアしており、専門性の高い診断、治療法を提供出来ると自負しています。また、治療法の糸口を見つけるだけでなく、社会復帰できる環境整備も考慮、退院後も地域医療の方々と連携を取りつつアフターケアさせていただきます。

医師紹介

草間 潤二
氏名 草間 潤二
くさま じゅんじ
役職 内科部長
専門 一般内科・循環器・心臓画像診断
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
臨床研修指導医
中山 豪
氏名 中山 豪
なかやま つよし
役職 循環器内科部長
専門 動脈硬化の診断と治療、心臓超音波検査拡張能評価、心臓カテーテル検査
資格 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
氏名 神田 章弘
かんだ あきひろ
役職 内科 医員
(非常勤)
専門 循環器病
資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
上木 裕介
氏名 上木 裕介
じょうき ゆうすけ
役職 内科 医員
(非常勤)
専門 循環器内科一般
高橋 大悟
氏名 高橋 大悟
たかはし だいご
役職 内科 医員
(非常勤)
専門 循環器内科一般
石井 開
氏名 石井 開
いしい かい
役職 内科 医員
(非常勤)
専門 循環器内科
資格