歯科口腔外科

  • ホーム
  • 外来案内
  • 入院・手術のご案内
  • 健診・人間ドックのご案内
  • 診療科のご案内
  • 病院紹介

WELDENZ®(ウェルデンツ)義歯のご案内

WELDENZ®義歯とは

WELDENZ ®義歯はポリプロピレンと言う樹脂で出来た義歯です。従来の義歯と違い、金属を一切使用せずより薄く軽い仕上がりを可能にした取り外しの入れ歯です。「歯を削って被せるブリッジ」と書かれていることも有ります。

 薄くて軽いため、お口の中での違和感が少なく、支えにする歯を削らずに済むことと併せて残っている歯への負担は最小限で済みます。(稀にごく僅かに削る場合も有ります)

 従来の入れ歯の樹脂や金属と比べて弾力があるため目立ちにくい設計が可能です。また、類似の他の製品と異なり、後から裏打ちをして調整することが可能です。
日本はもちろん、海外でも歯科用の材料として正式に認可されつつあり、安心してお使いいただける製品です。
詳しくは下記のリンクよりメーカーのサイトをご覧ください。

WELDENZ®の詳細はこちら

表面がやや傷つきやすいことが気をつけなくてはいけないことですが、これは数カ月に一度、歯科医院でみがくことで改善できます。

 また咬む面をWELDENZⓇで作成した場合は1-2年で交換が必要になる場合が有ります。なので、多くの場合咬む面だけは一部を除き従来の樹脂を使用します。
また、色のバリエーションが少ないので、微妙な色の調整が苦手ですが、極端な違和感は生じにくいと思います。
費用としては、歯の欠損の多さにより、7万円~18万円(税抜き)ほどで、金属を使用しない分、従来のものより低価格です。

ページの先頭へ