職場紹介/インタビュー

  • 看護部採用サイト
  • 看護部について
  • 教育体制/キャリア支援
  • 福利厚生/復職支援
  • 職場紹介/インタビュー
  • 採用情報

看護部スタッフインタビュー

看護部スタッフインタビューVol.17

救急部主任インタビュー

とても手先が器用で仕事だけでなく、料理の腕前も良い⇒すごい主任をご紹介します。時々、病棟に持って来てくれるケーキは、とても美味しくてスタッフにも大好評です!!

看護師になったきっかけは? また実際に看護師になってみてどうですか?

高校卒業の進路選択時は、理学療法士を目指していましたが、当時、付き合っていた彼女が看護師を目指していて、話を聞いているうちに、だんだん“看護師になってみよう!”という気持ちが強くなっていきました。最終的にリハビリの学校ではなく、看護学校を受験していました。
現在、日々の業務に追われて大変ですが、毎日が充実し、やりがいをもって看護業務を行っています。また、自分にとって看護師は天職だと思い仕事に励んでいます。

救急病棟は、救急搬送が多く大変だと思いますが、何か良いリフレッシュ方法はありますか?

趣味が料理やDIYで、ストレスがたまった時は、料理をたくさん作ったり、家の家具作りなどをしてリフレッシュしています。特にケーキ作りが得意です!

得意な料理やお菓子、ご家族に好評なものを教えて下さい。また今後、挑戦したい料理などはありますか?

家族にはシーフードのトマトクリームパスタが好評です!ケーキはシンプルなプレーンのシフォンケーキが得意です。今後はしっかりと出汁が効いた和食を覚えたいと思っています

これまでに作成した作品で自慢の家具は何ですか。

DIYで自慢できる家具は、二人の子どもの勉強机です。息子と娘がいますが、それぞれに違ったデザインの机を作りました。来年はウッドデッキを作り直す予定です!
(机の写真を見せてもらいましたが、「本当に作ったの!?」と疑ってしまうくらい、とても素敵な机でした。デザインも凝っていて引き出しなどもとても使い勝手がよさそうでした!!本当にお子様たちが羨ましい!!)

主任として今後の抱負を教えて下さい。

救急外来の受診者には、救急搬送の方だけでなく、walk-in(自家用車や徒歩で来院)の方も多く受診されます。そのため来院手段にとらわれず、適正な救急トリアージを行い、速やかに適切な対応を心掛けています。
昨年度から看護研究で「救急トリアージについて」をテーマに、救急トリアージ表の見直しなどを行いました。現在、発表に向けて研究メンバーとまとめているところです。各スタッフが救急トリアージの知識・技術が向上できるようにしていきたいと思います。そして、この取り組みが業務整理、職場環境改善の一つとなり、救急搬送件数が急増し忙しい中でも、スタッフが少しでも楽しく働くことができる環境作りをこれからも続けていきたいと思います!

  • 救急部主任インタビュー
  • 救急部主任インタビュー
  • 救急部主任インタビュー